金利が高いマイカーローンを借り換えて負担を軽くする
サイトマップ

マイカーローン借り換えの手続きの流れ

マイカーローンを利用する際、金利を気にする方も多いでしょう。

 

 

他の金利と同様に、マイカーローンの金利も情勢によって変化します。高金利時代に借りたマイカーローンだったが、現在は低金利時代、そんなケースもあるかもしれません。

 

借りたお金は返さないといけませんが、マイカーローンをそのままの状態で返済し続けなければならないわけでもありません。低金利でお得なマイカーローンがあれば、そのマイカーローンに借り換えてもいいでしょう。

 

ただし、ローンを組むだけでも大変なのに借り換えとなったらさらに手続きが大変そう、そう思っていませんか。そんな方のために、ここではマイカーローンの借り換え手続きの流れを紹介します。

 

マイカーローンの仮審査申込をする

カードローンの審査でも、いきなり本審査というわけではなく、まずは仮審査(事前審査ともいいます)を行なってから本審査へというのが一般的な流れです。それは借り換えの際も同じことですので、まずは仮審査の申し込みから行いましょう。

 

仮審査の申し込みが行われると、申込内容をもとにした審査が行われます。最近では、どの金融機関でも迅速な審査を売りとしています。カードローンのように即日審査回答、即日融資ということはさすがにありませんが、早い金融機関であれば申し込みから2営業日程度あれば審査結果の回答があります。

 

注意をしたいのが「2営業日」というところで、銀行などの金融機関は消費者金融とは異なり、土日祝日は審査も含めて一切の業務を行っていません。仮に土曜日に申し込んだとしても、審査結果が聞けるのは火曜日が最短ということになります。連絡方法は、メールや電話が現在の主流です。

 

借り換えマイカーローン本審査の申し込みをする

電話やメールで審査結果が知らされ、無事に仮審査が通過したら、もう半分借りられるようなものです。

 

カードローンの仮審査はかなり大雑把なものですが、マイカーローンの借り換えの仮審査は結構しっかりと行っていますので、仮審査の結果が本審査で覆ることはあまりありません。

 

仮審査の申し込みはネットや郵送で対応している銀行が多いのですが、本審査の申し込みとなると店舗に足を運んで申し込むのが一般的のようです。一部銀行ではローンプラザを休日にも開設しており、そこで手続きが可能な金融機関もありますが、数は多くありません。

 

ネット戦略に積極的な銀行、そもそも店舗を持っていないネット専業銀行であれば、来店することなく本審査の申し込みも可能です。

 

最近の人気マイカーローンは来店不要でネットと郵送で契約ができるところとなり、やはり手間をかけずにマイカーローンの借り換えが行えるところが注目を集めています。

 

マイカーローンの契約をする

本審査に申し込みをすると、仮審査と同様に電話やメールで審査結果が知らされます。その結果が無事に審査通過となれば、いよいよマイカーローンの契約です。

 

来店が必要な金融機関、来店不要な金融機関とありますが、いずれにせよ契約までにはいくつかの書類を用意しておかなければなりません。銀行のホームページやコールセンターや店舗に問い合わせるなどして、準備を怠らないようにしましょう。

 

マイカーローンの借り換えを行う

通常のマイカーローンでしたらこれで終了ですが、借り換えの場合には続きがあります。新たに借り換えるマイカーローンの金融機関が、これまで利用していたカードローン会社にお金を振り込みます。これが「借り換え」の手続きです。

 

なお、振り込みに関しては借り換え先の金融機関が行ってくれることがほとんどですが、利用者自身が行わなければならないこともまれにあります。

 

仮審査の申し込みから融資までは、最短でも2週間程度はかかるとされていますので、逆算をした上で計画を練って、効率的にマイカーローンの借り換えができるようにしてください。

 

正しく使えば返済の負担を大幅に軽くできる可能性があるのがマイカーローンの借り換えとなるため、金利を中心としてその他の点についてもしっかりと比較をした上で申し込みを進めるようにしましょう。

 

借り換えで失敗をしないためにも、各金融機関のマイカーローンの情報をよく比較し、目的や希望内容に近い商品での借り換えができるようにしておくのです。